肩こりは水分補給で改善できる!?水不足が原因だった!?

肩こり

成人の方を考えた時に、肩こりに悩む日本人の割合は半数以上ともいわれており、肩こりは決して他人事ではありません。肩こりを解消するための方法はいろいろとあるといわれていますが、今回は身近にできる対策として、水分補給による肩こり対策を紹介したいと思います。少しでも関心のある方はぜひ最後までお付き合いください。

水分補給をする意味について考えてみる

考察中

まめな水分補給といえば、熱中症対策を連想する方も多いかもしれませんが、実は肩こりにも効果があるとも考えられていることはご存知でしょうか。そこで、ここでは、水分補給が肩こりに良い理由をいろいろ考えてみようと思います。

肩こりの原因は、決して一つではありませんが血行不良や老廃物の蓄積も大きな原因と考えられています。肩こりがひどくなると痛みに発展することもありますが、そういうケースでは筋肉が十分に機能していないと考えても間違いではないようです。
筋肉の働きを正常に戻すためには、血行の流れを改善することはとても有効です。血行不良を改善するためには、水分代謝を高めるのはおすすめの方法なのです。

水分補給をしっかりと行い、血行を良くすれば血液の循環が良くなることでデトックス効果がおきます。水分補給を適切に行えば筋肉の痛みの原因となる物質を体外に排出するのに寄与することになります。もちろん、水分補給の頻度やその量に関しては、専門の先生に相談するのが間違いないのです。水分補給により水分代謝を高めると同時に、毎日の食べ物を見直すことは、肩こりのみにかかわらず健康的な生活を手に入れるためにもとても大切なのは言うまでもありません。もちろん、適切な水分補給は、できれば習慣になるまで続けるのが理想です。デトックス効果が実感できるまではある程度の日数は必要です。

もちろん個人差はあるかとは思いますが、水分補給による体質改善は試してみる価値のある方法です。できれば、毎日の飲むことになる水の質に関しては、できるだけこだわりたいところです。

水分代謝を高めるための水分補給の具体例

スーパー

ここでは肩こりのための水分補給の具体的な方法を考えてみたいと思いますが、最初に気をつけておきたいことは、今回紹介する方法はあくまで一般的な方法ですので、持病をお持ちの方などはお医者さんに相談した上でおこなってもらいたいです。

成人に必要な1日の水分は、2.5リットル程度と言われています。(もちろん、体重や性別、外気温などにより、上下はすると思いますので注意してください。)この2.5リットルという数字は、意外と多いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、適切な水分代謝のことを考ええるとやはりこの位の数字になるようです。ポイントは、2.5リットルのうち、1Lを食べ物から摂取し、残りは水分からで良いようです。

もちろん、暑い夏の時期であれば、水から水分を補給する割合が多くなることも自然なことです。一度に多くの量を飲むよりも何度かに分けて摂取するほうが水分代謝の面からは良いと考えられています。(一気に水分摂取をすれば、腹痛などを恐れもあります)

適切な水分を補給すれば、それだけトイレに行くことになります。1日にいくトイレの回数は8回程度が良いとも考えられているようです。

肩こりを考えた時には、水分をしっかりと補充し、トイレに行くこと自体が大切になります。デトックス効果を考えた時には、不要な老廃物を体外に排出することが重要だからです。

水分補給を習慣化し、体質改善を行なうことができれば、これまでの肩こりも解消される可能性は十分に考えられます。気軽にできる肩こり対策として、まずは水分補給をスタートしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

月間記事ランキング