水分補給イメージ

人間の体の水分の割合を見ていくと、生まれたときにはおよそ80%、大人になるとその割合が減り、およそ60%になります。もちろん純粋な水として体を流れているわけではありませんが、生きていくためには水分は欠かせず、このことは自明の理です。

しかしながら、体の水分は汗や尿といった形で徐々に失われていきます。
水分が失われると、健康上問題が出てくる恐れがあります。
それを防ぐためにもこまめに水分補給をする事が必要です。

では、水分補給をすることで、どのような健康の問題を防ぐことが出来るのか詳しく見ていきましょう。

体が冷えているときに必要なのは水分

寒いイメージ

人は飲んだり食べたりしたものをエネルギー源として、代謝を行い生命維持をしています。その代謝では、エネルギーの一部を体温をつくるために使われています。
体温調節をして一定の温度に保たれていれば、体の細胞は活発に動き、健康な状態になるのですが、そのために体中に熱を運ぶための道が必要となります。

その役割を果たすのが、手足の先まで張り巡らされている血管、そしてその管の中を流れる血液です。
温かい血液が体を巡れば、栄養と酸素を受け取った細胞がそれを使って代謝を行い健康的になることができます。

ところが、体温が平均的な基準よりも冷え性の人は少なくありません。体が冷えてしまうと、血流が滞り栄養不足、酸素不足で臓器が正常に働かなかったり、運動をした後に疲労が抜けにくいといった問題が出てきます。

冷え性の原因には、血管を収縮させるための筋肉が衰えている、ホルモンバランスが悪い、といったことも考えられますが、水分補給をしていないという可能性もよくあることです。

なぜ水分が体温調節に関係をしているのかというと、血液は液体として血管を流れていくのは、その成分の大半を占めるからです。もしも、水分が不足してしまうと、水分以外の成分が占める割合が多くなり、血液は粘りのある状態になります。粘りのある液体というのは、容易に想像できるでしょうが勢いをつけて流れることは難しいです。血液が流れにくいということは、栄養や酸素不足で体調を崩すのはもちろんのこと、熱を運ぶことができなくなりますから体温が下がってしまいます。

そうして冷え性となり健康が損なわれてしまうのです。
冷え性というと体を冷やしてはいけないということで、水分摂取を控えようと考えるかも知れませんがそれは間違いです。十分に水分摂取をすることが一番の解決策です。

もちろん、水を飲んで体が冷えるということも、考慮するべきことですから、せっかくの体温が奪われないようにお湯を飲む事を心がけると良いでしょう。

水分摂取をして腎臓を働かせることで老廃物を出す

じん臓

人間が生きていくならば、尿を出すことは避けられません。ときに尿意で苦しむことがありますが、排尿が必要な行為であるのは、体に溜まった老廃物と余計な水分を体の外に出すためです。
人は、生命活動をしていく中で代謝で有毒な物質を作り出したり、アルコールや薬物を摂取したりします。
それらのものは体の中にあると、健康を損ねてしまうので尿という形で排出するのです。

排出するべきものは、血液に運ばれて腎臓に届きます。この臓器はフィルターのような役割を持っていて、老廃物などをそこで濾して、きれいにした血液をまた循環させていきます。そうして集めた老廃物などから尿の材料となる原尿がつくられ膀胱で溜められていきます。腎臓から膀胱に運ばれるまでに、原尿の中に混じっている生命活動に必要なものは再吸収されるので、原尿から尿になるのはほんの1%くらいです。また腎臓では体液の濃度に合わせて水分量の調整も行われます。

さて、そんな重要な役割を果たす腎臓ですが、水分補給をしなければ正常には機能しません。
なぜかというと脱水気味になると、血液は粘り気を帯びて流れにくくなります。
腎臓に流れ込む血液が少なくなれば、老廃物のろ過が上手くいかなくなります。
本当ならば体外に排出しなければいけない老廃物が血中に残ったままの状態になれば、その影響で体の他の部分に影響が出てしまいます。

その状態が長く続くと、腎臓の組織に対するダメージが深刻なものとなり、機能しなくなってしまいます。ダメージによって壊れてしまった組織は、その後に水分を補給しても元に戻ることはありません。腎臓が機能しなければ、血液のろ過ができなくなり病気を引き起こします。病気になれば体内の老廃物が血液に蓄積されていく尿毒症となり、やがては動脈硬化などの深刻な病気を引き起こします。それを何とかするためには生涯、透析療法や輸液といった治療をしていく必要があります。それでもいずれは命を落とす可能性が高いです。

こまめに水分摂取をして、血液を流れやすくして腎臓を働かせれば、そういったリスクを抑えることに繋がります。

物を言わない臓器である肝臓を守る

肝臓

人間の体はいろいろな臓器が働いて生命維持をしていますが、その中でも肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。
その理由は肝臓には不調が起きても痛みや不快感を感じることがないので、知らない内に問題が起きていることがあるからです。

肝臓が持っている重要な役割は、たんぱく質を合成したり栄養を蓄えること、アルコールのような有毒物質を分解して毒性を低くすること、食べ物を消化するために必要な胆汁をつくることです。

いずれも機能が低下すれば体に深刻な影響がでてしまうものなので、予兆はなくても肝臓はいつでも気にかけなければいけないことがわかります。

そのために心がけるべきは、適度な水分補給です。肝臓で有毒物質の分解をするときなどは、その負担を軽減するためにもたくさんの血液を流し込まなければいけません。そのためにも、血液は粘り気のない流れやすい状態であることが求められます。血液の粘度は、どれだけ水分摂取をしているかによって変わってきますから、十分に水分があれば肝臓は正常に働き、逆に脱水症状となれば肝臓の負担が大きくなり機能が低下してしまいます。

特に気をつけなければいけないのは、お酒を飲んだ後のことです。
アルコールには利尿作用がありますから水分摂取をしているつもりでも、排尿でそれ以上に体の水分は失われてしまいます。
血中のアルコール濃度が高まっているのにもかかわらず、脱水症状が起きてしまえば肝臓の処理能力を超えてしまい、翌日以降にも体内にアルコールが残った状態になります。血中アルコール濃度が高くなれば、吐き気や目眩など体調不良を引き起こすわけで、それがいわゆる二日酔いと呼ばれるものです。

肝臓のために水分摂取をしたいならば、最適なのは水よりもスポーツドリンクやフレッシュジュースです。それは、ただの水よりもスポーツドリンクなどのほうが体に吸収されやすいからですし、糖分やビタミンCといった栄養素を補給することができるので体には良いからです。

食欲を抑えるためには水を飲もう

水を飲む

いつでも空腹に悩まされているという人は、いくら食べてもお腹が満たされないのではなく、水分不足である可能性があります。
人間の体はその殆どが水であるわけですが、もしその割合が低くなれば、本能的に水分補給をしたいと感じます。

でも、そのときに食べ物に含まれる水分摂取をするようにという脳からの命令が出てしまい、食欲が高まってしまうのです。

たしかに、水分が含まれている食べ物を食べていけば、いずれは適度な水分量になるかも知れません。
しかし、そうなればカロリーの摂取量が大きくなりすぎて、太ることは避けられないでしょう。中性脂肪は動脈硬化など深刻な病気の原因となりますから、健康のことを考えると決して良いことではありません。

ですから、生命活動に必要な量の水分は毎日欠かさず飲むようにすることです。一般的に1日に摂取するべき水分摂取量は体重の4%くらいと言われています。それは年齢や体重などを考慮して調整する事が必要ですが、おおよそ2リットルくらい飲んだほうが良いでしょう。

さらに運動をしたとしたら、大量の汗をかくので更に失われた水分を補わなければいけません。ただし、一気飲みをすると水中毒(低ナトリウム症)になる危険性があるので小分けにして水分摂取するべきです。水分を大量の摂取すると、血中のナトリウム濃度が下がってしまい、軽度であれば倦怠感や吐き気といった症状ですが、重度になると意識障害やけいれんが起きて最悪の場合に死に至ります。

もし、食欲が水分不足によるものでなかったとしても、水を飲んでおくことは効果的です。水によって胃が膨らむと食欲増進ホルモンのグレリンが減って満腹感を得ることが出来ます。

食べ物で胃を満たすのと違って、水ですからカロリーオーバーになる心配はありません。それにより体重が増加することもなく、理想的な体型を維持する事ができます。そのときには普通の水よりも炭酸水を飲むほうが胃が膨らみやすくなります。

おすすめウォーターサーバー人気ランキング!【水道直結型(ボトルレス)】

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

Cool Qoo(クールクー)
クールクーのここがおすすめ!
  • 放射性物質も除去するピュアウォーター
  • 水素の力で美容健康、老化防止の水がタダ同然
  • 自動洗浄で常に清潔!プロのメンテナンスも有り!

水道直結型の「Cool Qoo(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。
定額のサーバー代だけで、しっかりと「ろ過」された水を自由に飲むことが出来ます。

年に一度のプロによるメンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。 特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。

美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーン などもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

おすすめ度 ★★★★★
初期費用 4,200円(税別)※プランによる
月額費用 4,200円(税別)※プランによる
メンテナンス 年1回※無料
電気代 月800円程度
ピュアウェーブ
ピュアウェーブのここがおすすめ!
  • NASA採用の最先端浄水システム
  • 簡単なメンテナンス

ピュアウェーブは、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。
水道に分岐具を取り付けて、そこから給水するため、難しい工事の必要が無いのが特徴となっています。

フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。
ROフィルターでろ過された、安心して飲めるお水を定額で利用できます。

おすすめ度 ★★★★
初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度
楽水(らくみず)
楽水のここがおすすめ!
  • 温水が約90℃(他社の+5℃程度)

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。
さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討出来ます。

「お手軽プラン」では、サーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、
「工事費無料プラン」では、サーバー代4,250円で初回工事費無料となっています。
買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

おすすめ度 ★★★
初期費用 無料※プランによる
月額費用 4,250円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度

ウォーターサーバー選びに迷ったら「Cool Qoo(クールクー)」がおすすめ!

ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」愛用者様のお声

  • いままでのウォーターサーバーってなんだったんだろう、って思ってしまうくらい、このタイプは楽ちんで助かります。
  • ピュアウォーターに水素水がはいったコースを利用していますが、日々雑誌でも目にする憧れの水素水。これが、水道代だけで飲み放題だなんて、信じられません。
  • 明らかに経済的に得!会社はROろ過コースですが、密かに、新婚夫婦の我が家には「ROろ過水素水コース」を導入しようと思っています。

「CoolQoo」の水は飲む前にろ過をするので、抜群に鮮度が高く、本当の意味でのピュアウォーターを飲む事ができます。
生活に欠かすことの出来ないお水だからこそ、安心と安全、そして美味しさを追求してみませんか?

関連記事

月間記事ランキング